第3回 メンバー対談 Q × ishihara

 ドラム・レコーディング秘話と謎のベース


前回での予告の通り、リーダーishiharaとメンバーによる「1 sorrow,10 warmth」にまつわる対談シリーズが今回よりスタートします。
最初の対談相手はFlatLandCoilのムードメーカーであり、ドラマーのQです。

ドラムのレコーディング風景から、機材についてのマニアックな話題、そして本作品制作時の裏側にあったQの葛藤が語られています。
バンドを経験していないとなかなかわからないドラムという楽器の聴き所や役割が垣間見える内容にもなっていますので、楽器にあまり詳しくないという方も必読の対談です。












■ドラムのレコーディング風景

ishihara 「これから3回にわけて、今回のミニアルバム『1 sorrow,10 warmth』についてメンバーと対談をしていきたいと思います。第1回目はドラムのQの登場です。よろしくお願いします」
Q 「はーい」
ishihara 「早速だけど、QにとってはこれまでのFLCの音源と今回の音源ってレコーディングのスタイルが一番違ったじゃん? その辺から話を聞こうかな。まずは、その前提として、これまでの音源と今回のミニアルバムの違いを説明して欲しいんだけど」
Q 「今までっていうのは、無料で配布してるシングルだよね」
ishihara 「そう。今回のミニアルバムはセルCDとしては初めてのリリースだけど、FLCとしてはこれまでにプロモーション用の無料配布シングルを2枚出してるんだよな」
Q 「前任のボーカル矢萩時代の1枚と、現在のボーカルのマキの時に1枚。この2枚の時のレコーディングスタイルは同じ方法だったけど…」
ishihara 「そうそう。基本ライブ1発録りで、ドラム以外のパートは必要に応じてオーバーダブするって感じだったね」
Q 「今回のCDに関してはまったくの別録り」
ishihara 「シングル2枚の時は、他の楽器と一緒にドラムを演奏したわけだけど、今回はひとりでクリックとガイドになる音源を聴きながらのレコーディングだったじゃん? その違いっていうのは感じた?」
Q 「もちろん違いというのはあった。一緒に演奏してるのが人間であれば、こっちの演奏に合わせてくれるけど、ガイドやクリックはこちらには合わせないから、そういう点では大変だったんだけど…」
ishihara 「ドラムっていうのは、オーケストラでいう指揮者みたいなものだからね。普通は他の楽器がドラムにあわせに行くけど、今回は指揮者が演奏に合わせてタクトを振るって感じだったってことかな?」
Q 「そうだね。ただ、事前に音源もらって、ひとりでスタジオ入ってるときでも、それにあわせて練習してると、みんなと一緒にスタジオ入ってるみたいで、それは楽しかった(笑)」
ishihara 「音源っていうのはプリプロ音源(*1)のことだな」
Q 「そうそうそう。プリプロ音源です。今回はちゃんとプリプロを年明けから作り始めたんだけど…
ishihara 「それに手を加えてドラム用のカラオケ音源を作ったんだよな。それを使って個人練習用してくれたんだ?
Q 「いまだにそれは活用してます、実は(笑)」
ishihara 「そのドラム用カラオケ音源をレコーディングでクリックと一緒にガイドとして鳴らしたわけだけど…事前にそれを使って練習してたってことは、本番のレコーディングの時には、ひとりでドラムを叩くことにはそれほど違和感がなかった?」
Q 「うん、なかったね。ちゃんとマキの声もユーマンのギターも鳴ってる状態で録ったからね」
ishihara 「俺はスケジュールの都合でQのレコーディングに立ち会えなくて、レコーディング当日のQの様子とか全然見れなかったんだけど、作業自体は順調だった?」
Q 「特に苦労してひっかかるところがあったわけでもなく、非常にリラックスした状態で臨めました」
ishihara 「この時立会いとしてマキが居たはずだけど、ちゃんと役に立ってた?」
Q 「役に立ってたっていうか、俺もずっとブースに篭りっきりだったから、逆にマキのことをかまえなかった。だって休憩を1回ぐらいしかとらなかったんじゃなかったかな? 3曲ぐらいぶっ続けで録って、朝の4時ぐらいにやっと食事休憩とったんじゃなかったかな?」
ishihara 「そうなんだ。レコーディングのスタートは何時だったっけ?」
Q 「夜中の0時だったかな」
ishihara 「そこから4時までぶっ通しだったの?」
Q 「まぁ、サクサクいっちゃったんで、調子もよかったし。やっと4時ぐらいになってエンジニアさんが休憩とろうかって言ってくれたんで、それがなかったら、そのまま最後までやってたかも知れない(笑)」
ishihara 「それはすごいな。エンジニアさんも自分が休憩取りたかったんだろうな(笑)」
Q 「そう!(笑)」
ishihara 「結局マキは何をしに行ったんだ?」
Q 「スタジオに行くまでの俺の話相手だったと思うよ(笑) 実際には、22時ぐらいには現地に入ってたので、それからレコーディングが始まる0時まで誰かが居てくれないとだったので、そういう点では、非常に助かった」
ishihara 「ひとりで寂しい思いをしなくて済んだと」
Q 「そういうことです(笑)」

(*1) プリプロ音源 :本番の レコーディングの予行練習として制作した音源。自分達だけで簡易的なレコーディングを行い、細かいアレンジやサウンドの方向性を決めていった。ここで二人が言っているドラム用カラオケ音源とは、完成したプリプロ音源からドラムの音のみを消した状態のもの。



プリプロ制作時のドラム・レコーディング風景



■レコーディング機材と狙い

ishihara 
「レコーディングに使った機材のことでも聞いてみようかな。Qは結構機材にこだわるよね? 今回もレコーディング前に新しい機材を買ってたじゃん?」
 「ああ、スネアね」
ishihara 「今スネアっていくつぐらい持ってるの?」
Q 「3つ」
ishihara 「それぞれ特徴が違うんだよね?」
 「たとえばビンテージっぽい音を狙うとか、音の粒立ちの良さを狙うだとか、音の太さとかで…今、3種類のラインナップを持ってる」
ishihara 「レコーディング前に導入したのは、どれ?」
 「その音の太いやつだね。カノウプス社のゼルコバっていうスネアを買いました」
ishihara 「買ってすぐの時に見せてもらったけど、木目がきれいなスネアだよな。あれは削り出しなんだっけ?」
Q 「1本の木から削り出して作ったやつだから結構希少価値も高い」
ishihara 「普通のスネアは削り出しではないんだよな」
Q 「普通のスネアは、木のやつであれば、薄くした木の板を丸く重ねていくことでできてるんだけど…」
ishihara 「いわゆる輪っぱ状態だ」
Q 「うん。で、ゼルコバっていうのは、構造上1本の木から削りだすので、音がすごく伸びるんだよね」
ishihara 「削り出しっていうのは、和太鼓みたいに、木の中身をくりぬくってことだね」
Q 「そう和太鼓」
ishihara 「そういう作りをしたスネアっていうのは俺は初めて見たんだけど、やっぱ珍しいものなの?」
Q 「日本のメーカーで作ってるのはたぶんそこだけじゃないかな?」
ishihara 「逆にそういう珍しいものだってことはあまり需要がないってこと?」
Q 「というより、作るのに苦労するので、環境保護の面からもあまり大きな会社だとできないんですね」
ishihara 「本来はこのスネアみたいにくり抜きでやった方が音が良いのかな?」
Q 「そうだと僕は信じてます(笑)」
ishihara 「でも、シチュエーションによって、他のスネアの方がはまることもあるわけで、このアルバムでも他のスネアを使ってたよね?」
Q 「そうそう。ゼルコバ、俺はこれにZ(ゼータ)ってあだ名を付けてるんだけど、これと、OCDP社のスネアを使い分けました」
ishihara 「OCDP社の方はどんな特徴があるの?」
Q 「通常の口径よりも13インチと1インチ小さいです」
ishihara 「そのメリットは?」
Q 「スネア自体のピッチが高くなるので、音の粒立ちも良くなる」
ishihara 「なるほど。それぞれのスネアをどの曲で使ったのかな?」
Q 「 『サウンド・イメージ』、『音のない水』、『夢のかけら』 この3曲はZ。『baby doll』、『ID』 の2曲はOCDP社です」
ishihara 「OCDP社の方はあだ名ないの?」
Q 「蛇柄のカバリングなので、“蛇”ってあだ名をつけた」
ishihara 「そのまんまだな(笑)。 で、実際使い分けてみてどうった? 狙い通り?」
Q 「狙いどころか、計算どおりに行ってしまったという…(笑)。まず、『サウンド・イメージ』、『音のない水』、『夢のかけら』 に関しては、芯のある太い音で狙いたかった。他の2曲に関しては、少しカラカラした粒立ちの良い音を狙いたかったから使い分けたんだけど、まぁ、これがハマったね! これにはびっくりした」
ishihara 「『baby doll』、『ID』 っていうと、どちらもスネア・ロールが入ってくる曲だね。その辺でこのスネアの粒立ちの良さを狙ったって感じかな?」
Q 「そうそう。で、あと付け加えるなら、『baby doll』 ではスナッピー(*2)をオフにしてほとんど叩いてるので、特徴的なスネアとして蛇を選んだ」
ishihara 「特徴的?」
Q 「あの、蛇ってさっき言った普通のスネアの構造には即してるんだけど…」
ishihara 「輪っぱのこと?」
Q 「そうそう。だけど、胴が分厚いんだよね。裏からみるとバームクーヘンみたいになってる。それに加えて、分厚い胴に穴が開いてるんだよね」
ishihara 「ああ! (手で直径8cmぐらいの丸を作りながら)側面にこれぐらいの丸い穴があいてるね」
Q 「なので、パカーン! という音を狙うには非常に最適なスネアだと思うな」
ishihara 「『baby doll』 でパカーン! っていうスネアの音ってあったっけ?」
Q 「後半のアウトロあたりでちゃんとパカーンと言ってますよ(笑)」
ishihara 「この時もスナッピー入れてないの?」
Q 「あ、後半ではちゃんと入れてる」
ishihara 「だよな(笑)。 でも、これはこの対談読んだ人でないとわからないマニアックな聴き所だね。『baby doll』 のアウトロのパカーン! って鳴ってる音は、このスネアならではのこだわりの音だと。ちょっと実際に聴いてみようか」

−ここで『baby doll』を試聴−

Q 「このAメロのところ、スナッピーなしでスコーンって抜けてる音してるでしょ?」
ishihara 「抜けてるね。この音の抜けの良さが蛇の特徴なわけだ」

−やがて曲が後半のアウトロになり−

ishihara 「あ、パカーンってここのこと?」
Q 「そう。この牛木くんのギターソロのところでちゃんと音が抜けるようにしたんだ」
ishihara 「なるほどね。俺はこの音はスコーンだと思ってた(笑)」
Q 「まぁ、スコーンだろうと、パコーンだろうと…とにかく抜ける音にしたかったんです(笑)」
ishihara 「ハハハハハ(笑)。まぁいずれにせよ、確かに抜けてるね。狙いはわかったよ。Zの方もこのスネアならではの狙いがわかるポイントとかある?」
Q 「うーん。こっちの方はポイントというよりも、全体的な音の太さかな?」
ishihara 「なるほど。『サウンド・イメージ』 とか聴くと、音のぬくもりを感じるよね。この辺はこのスネアの持ってる音の太さとかに影響してたりする?」
Q 「あるね。それは絶対あるね」
ishihara 「この音はすごくFLCのサウンドにあってると思う」
Q 「FLCのサウンドも変ってきたし…」
ishihara 「お、どの辺が?」
Q 「ギターがハイを出すようになってきたし、ここでサウンドも変るってことで、スネアも変えてみようかなって…」
ishihara 「ギターの音の意識がハイに行ったことで、その分ドラムでローを意識するようになったと?」
Q 「そこは絶対にあるね」
ishihara 「他の機材については何かある?」
Q 「キットはNEGIってメーカーのバーチのキットを使いました。これはドラムテック(*3)の方から借りたものです」
ishihara 「スタジオの機材じゃなくて、ドラムテックの人が持ち込んでくれたの?」
 「当日ドラムテックの人が持ち込んでるってことがわかって、俺はすごく喜んだ。エンジニアさんの意向として、スタジオの機材よりもこっちの方が良いというのがあったんじゃないかな? 実際こっちの方が全然良いしね」
ishihara 「自分で持ち込んだ機材って他に何かある?」
 「シンバルかな。シンバルはPAISTE社のものを全部使いました」
ishihara 「これも狙いがあった?」
Q 「ドラムとしてコントラストを出す上で、スタジオのものを借りて使うよりは自分の意図したものが出しやすいというのがあった。実はクラッシュは友達から借りたんだけどね(笑)」
ishihara 「でも、借りてでも、それを使いたいっていうのがあったんだな」
 「スタジオにあるすすけたシンバルよりは良い音を出すっていう確信があったし、何より自分のテンションが違うでしょう(笑)」
ishihara 「その辺は機材にこだわるQらしいところかもな(笑)」

(*2) スナッピー スネアドラムの裏面に付属されたバネ状のもの。スネアドラムの打面を叩く事でスナッピーが振動し、スネアドラムが「ザッ!」という音で鳴る。なお、レバー・スイッチでON/OFFが可能である。

(*3) ドラムテック
ピアノの調律師のドラム版のような役割をする人物。ドラムのチューニングに精通してるだけでなく、機材のメンテナンスなどにも長けている。レコーディングの現場ではかなり重宝される。




レコーディングのメイン機材として使用した“Z(ゼータ)”



『baby doll』、『ID』 で使用した“蛇”



“蛇” を底面から見たところ。壁面にそって薄い木の板がバームクーヘンのような層になっている。
中央に見えるバネ状の帯がスナッピー




■正体不明 謎のベース

 「ベースはどういう風にレコーディングしていったの? 俺もベースのレコーディングには立ち会わなかったからな。その話聞くのって初めてだよな」
ishihara 「俺はまず、Qのレコーディングが終わってからの作業だよな。エンジニアさんのホーム・スタジオに行って、レコーディングしたドラムの音と、ガイドになる音源を鳴らしながらそこにベースを載せるって感じ。すごくスムーズだったよ」
 「使った機材は?」
ishihara 「いつもの(笑)」
 「終わりかい!(笑)」
ishihara 「いや、まぁ、自分が使った機材についてQほど語れないっていうか…そもそも俺、自分が使ってるベース本体の素性が謎なんだよ」
 「素性が謎って何それ? 俺はビンテージって聞いてたけど?」
ishihara 「いや、ビンテージっていうか、ただの中古なんだけどさ。これが、前の持ち主がかなり改造を加えたものらしいんだよ」
 「そうなんだ。それは中身を変えるとかそういう感じ?」
ishihara 「そう、ピックアップとか交換されてるし、トーンのノブとかも、あきらかに純正ではないっぽいんだよ」
Q 「え? 本当? ちょっと見せて(といって、ishiharaのベースを取り出す)。本当だ! 何これ!」
ishihara 「だろ?」
 「これでちゃんと使えてるの?」
ishihara 「もちろん使用上の不都合はないよ。ちゃんと機能してるし(笑)」
 「ヘッドのロゴも削れられてるね」
ishihara 「買った時からそうだった。だから正確には元々のメーカーも謎なんだよ」
Q 「ESPって言ってなかった?」
ishihara 「たぶんそうだろうっていう推測(笑)。でも、これが大当りの代物でさ。一度買い換えようかと思って、このベースを持って、何軒かの楽器屋へ行ったの。そんで、20〜30万円台のパッシブのジャズベ(*4)と弾き比べしたら、このベースよりも良い音を出すのが無かったんだよ」
Q 「ふーん」
ishihara 「音の芯が太くてね。ハイもちゃんと出てるし」
Q 「ジョン・ポール・ジョーンズもそんなようなこと言ってたな」
ishihara 「え?」
Q 「なんか機材のこと聞かれた時に、本人がわからなくて「ローディに聞いてみて」って言ってたとか…」
ishihara 「そうなんだ。じゃあ、安心した(笑)。尊敬してるジョンジーがそうなら俺もそれで良いや」
Q 「これは余談だけど、ボーナムは機材を大事にしてたらしいよ。タムとスネアが接触する部分に傷が付かないように、テープをまいて保護してたらしいよ」
ishihara 「なんか、俺とQの感じと似てるな(笑)」
Q 「ドラムとベースってそういうものなのかな?」
ishihara 「そういえば、対バンのベーシストで機材について語る人ってあまりいなかったなぁ…」
Q 「スタジオで使った機材は?」
ishihara 「それもあまり詳しくないんで、よくわからないところがあるんだけど、オーディオ・インターフェースのAVALONは良かったなぁ。簡単に言っちゃえばプリアンプなんだけど、あれは音にぬくもりがあるし、ハイからローまでバランスよく鳴って、俺の狙ってた音をちゃんと出してくれたよ」

(*4) パッシブのジャズベ : 「パッシブ・タイプのジャズベース」を省略した言い方。ベースの仕様的な種類のこと。
ishiharaが使っている下の画像のベースもパッシブのジャズベである。




素性が謎のベース




■レコーディングの背景にあったプレッシャー

 「ここらでアルバムの中身の話をしておくか」
ishihara 「そうだな。それぞれの曲に触れてみる?」
 「難しいね(笑) っていうか、このアルバムに関して俺はすごいプレッシャーがあったんだよね」
ishihara 「お、どんな?」
 「プレッシャーっていうか、あのー、ものすごく個人的だけど、レコーディングの1週間前にうちの祖父さんが亡くなったっていうことがあって、その葬式やら何やらでそれまで保ってたテンションが一回ゼロになっちゃって…。葬式が終わってからの1週間がものすごく忙しかったんだよ」
ishihara 「ドラムのレコーディングは4月末頃だったっけ?」
 「ゴールデンウィーク直前だったね」
ishihara 「確かにあの頃のQは色々と大変そうだったな」
 「だからと言ってレコーディングも失敗できないし、これでレコーディング失敗したら祖父ちゃんの面子も立たないし、そういうプレッシャーがあったんだよ」
ishihara 「その分、いつも以上に頑張ってるっていうのは伝わってきたな。会ってない時でも、連絡とるとスタジオに居たり、そうでなくても、頑張ってる時ってなんとなく伝わってくるよ」
Q 「アルバムのことを思い出すと今でも胃が痛くなってくるんだよね、ああ大変だったっていう(笑)」
ishihara 「ハハハハハ(笑)」
Q 「まぁ、そんな大変だったレコーディングですが、なんとかお聴かせできるレベルのものはできました。実際レコーディングしてる時はリラックスしてできたしね」
ishihara 「他にこの曲のここを聴いて欲しいとかってある?」
Q 「『ID』 と『baby doll』 でテンポが変るところかな? あれは苦労した(笑)」
ishihara 「結局大変だったという思い出に至るわけか(笑)」
Q 「そうだね(笑)」



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

FlatLandCoil公式twitter

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM