第10回 レコ発イベント出演バンド紹介

BLUE SUGAR SPIRITS , tardigrada , Black Dahlia 


「1 sorrow,10 warmth」 レコ発イベントまであと1週間!
先週(第8回)に続いて、今回も出演バンドのご紹介です。

今回ご紹介するのは、Black Dahlia , tardigrada , BLUE SUGAR SPIRITSの3バンド。
先週ご紹介した3バンドにこの3バンド、そしてFlatLandCoilを加えた全7バンドがイベントを盛り上げます。

FLC史上最高になること必至のイベント!
FLCのステージはもちろん、すべての対バンのステージをご覧いただき、
あますことなくこのイベントをお楽しみください。




9/18()ORGASM VOL305
FlatLandCoil レコ発イベント〜


■日程...2010918日(土)
■会場...下北沢Mosaic
http://www.studio-museum.com/mosaic/

■時間...open 16:50 / start 17:20
■チケット...adv 2,000- / door 2,500- +1 drink 500-
■出演&タイムテーブル

1720...オトノアリカ
1755...trivol3 
1835...Black Dahlia 
1915...tardigrada 
1950...astarhythm 
2030...BLUE SUGAR SPIRITS
2110...FlatLandCoil









BLUE SUGAR SPIRITS




いつの頃からかははっきりと思い出せないけれど、いつの間にかその名前を知っていた。
BLUE SUGAR SPIRITS。
バンド仲間からその名前はよく聞いていて、同じ女性ボーカルとしても、ずっと気になっていた。

はじめてライブを見たのは、今年の2月。
あぁ、このボーカリストはうたうことに誇りを持っていて、全身全霊を捧げている。と思った。
ボーカルかぁこさんの歌声は見る人を打ち抜いて、楽器隊の演奏がそれを優しく包み込む。
圧倒的に感情の波が押し寄せるのに、どこかたゆたうような心地良さを感じるのは、そのバランス故なのかもしれない。

その一回のライブで大好きになってしまったブルシュガ。
かぁこさんに「絶対対バンしましょう!」と熱烈な挨拶をしたのを覚えている。
その願いがかなえられたのは今年7月のこと。なんとその日のライブはブルシュガのアルバム「the  begining of  the end」のレコ発イベントだった。
更に8月のORGASAM300回記念イベントでも対バンを果たした。
そして迎える9月の「1 sorrow,10 warmth」のレコ発企画。
「1 sorrow…」のレコ発にはこちらから出演をオファーしたわけだけど、結果的には3ヶ月連続での対バンとなった。
記念すべきイベントに呼んでもらえたこと。そして出てもらえること。
本当にこの繋がりに感謝したいし、嬉しいな、と思う。

観客のみなさんには是非ブルシュガとFLCのステージを両方観て欲しい。
そして、そこに何かの共通点や意味を見出してもらえたらとても嬉しい。

<text by マキ>

▲official web
http://orga-entertainment.com/bluesugarspirits/
▲myspace
http://www.myspace.com/bluesugarspirits




■tardigrada 




tardigrada【名詞】(タルディグラーダ)
tardigrada (和名クマムシ) は緩歩動物門に属する動物の総称。宇宙に放り出しても生き延びることで有名。(wikipedia 参照)
東京を中心に活動するバンド。切ないフォーク感と溢れる激情を混ぜ合わせた「四畳半エモ」を標榜する。
(※)tardigrada公式webより抜粋

今回のレコ発のセレクションにあたって、「仲はいいんだけど、今まで対バンした事がないバンドにも出てもらいたい」 という希望があり、その中でひらめいたのが彼らtardigrada(タルディグラーダ)でした。

この読みづらいバンド名、初対面で正確に読まれる率は2割ほどだそうで、
「宇宙に放り出しても、放射能を浴びても死なないクマムシみたいにしぶとく細く長く地味に有名な感じになりたいなあ」と願い、つけられた名前である。

彼らを初めて見たのは2009年の高円寺LosAngelsだったと記憶してる。
人のよさそうなギターボーカルがフォーク調に歌い始めたと思ったら、いきなり曲調がエモに変調されて衝撃を受けた。

メンバーはGt&Vo. モリヲ(元soul red jam ベーシスト。バンド結成と同時にパートチェンジ)、Ba. 彩子(元東京雑音楽隊ザ・リッピィ ベーシスト)、Dr 岩(元soul red jam ドラマー )というリズム隊しか居ないバンドというのも興味深い。
古きよきフォークミュージックを連想するようなモリヲのメロディをリズム隊が支えるという形だが、作詞作曲からレコーディングまでこなすモリヲ自身は自らを「究極の器用貧乏」と評している。
モリヲが厳選する世界観を楽しんでもらえればと思う。
なお、当日はゲストギタリストを従えての登場。

お楽しみに!

<text by Q>

▲official web
http://tardigrada.x0.com/
▲audioleaf
http://www.audioleaf.com/tardigrada/
▲youtube
http://www.youtube.com/watch?v=4-1uQpEiqGY




■BLACK DAHLIA



BLACK DAHLIA
この名前を聞いて、巨匠ブライアン・デ・パルマの奇作の同タイトルの映画を連想したのは私だけではないはず。
1947年アメリカで起きた未解決実際事件を基に撮影された映画であるが、無論このバンドとは無関係である。
しかし、否応なしにこのミステリアスな名前に惹かれてしまう自分がいる。

前置きはさておきバンドの紹介をしよう。

2008年3月、Gt纐纈(コウキツ)、杏(アン)を中心に結成
2009年12月諸事情によりDr坂井龍司脱退。その後、猪狩蓉子をDrとして迎える。
2010年3月LD&Kより「悲壮的な歌」リリース
※リリース後、DrとBassの2名が脱退。前Drの坂井龍司、Bass三瓶友絵が参加し現メンバーとなる。
Gt纐纈とBass三瓶は過去に同じ女性Vo轟音系哀愁ロックバンドをやっていたとのこと。
また、Bass三瓶は現在もハードコアバンドを継続中。

今回のレコ発のバンド選考において、他のメンバーは彼らのライブを見たにもかかわらず
私だけまだ未見であるのはまずいと思い、先月暇を見つけて彼らのライブに足を運んだ。
あえてMySpaceのダイジェスト音源を2、3回耳にしただけで生で聴く彼らの音は非常に骨太で手応えのあるものだった。

今回のFlatLandCoilレコ発に出演するバンドの中では、かなり特異なダークさとポップさがあり他のバンドとは一線を画している。
9/18の出演バンド中で文字通りのダークホースとなりうるバンドである。

今回を見て気に入った方がいるなら、彼らの次回10/24(日)下北沢MOSAiC(ORGASM)でのライブも足を運んで頂きたい。

余談だが、今回のこの記事を書くにあたりバンドに質問状を突きつけて回答願ったのだが、
バンド名の由来についてはついに回答いただけなかった。

私と同じようにバンド名の由来が気になる方は是非、当日彼らにその疑問を直接ぶつけてほしい。
私はぶつけます(笑)。

<text by Q>

▲official web
http://www.ldandk.com/black-dahlia/
▲myspace
http://www.myspace.com/hisoutekinauta



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

FlatLandCoil公式twitter

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM